名勝「屏風ヶ浦」を背景にフラダンスを披露 千葉 銚子

千葉県銚子市でフラダンスのグループが踊りを披露する催しが開かれました。

銚子市の海浜公園で開かれた「銚子ハワイアンフェスティバル」はフラダンスの愛好家らによる実行委員会が開いているもので、関東を中心に22のグループ合わせて600人ほどが参加しています。

国指定の名勝の「屏風ヶ浦」を背景に各グループが練習の成果を披露しました。

千葉県成田市のグループの女性は「銚子の海をバックにして踊ることがでるので楽しみにしています」と話し、小学6年生の女の子は「緊張したけど笑顔で踊れました」と話しました。

実行委員会の城島麻理子さんは「練習やイベントへの参加も少しずつできるようになってきて、開放感に浸って踊れることができ、多くの人が参加してくれたので準備の疲れも吹き飛びました」と話していました。

この催しは15日も開かれます。