【動画】二個50万円で落札のマンゴー その後はどこへ?宮崎

ことしの初競りで二個「50万円」で落札された宮崎県のマンゴー。落札されたあとマンゴーはどうなったのか、その後のゆくえに密着しました。

宮崎県の完熟マンゴーの最高級ブランド、「太陽のタマゴ」。

傷がなく糖度15度以上、重さ350グラム以上といった厳しい基準をクリアしたマンゴーだけに与えられるブランドです。

4月中旬に行われた「太陽のタマゴ」の初競りでことし1番のマンゴーが、過去最高タイの値段、二個「50万円」で落札されました。

その瞬間から、”1番マンゴー”の”数奇な運命”が始まります。

飛行機の客室、タクシーと落札者に大切に運ばれ、たどりついたのは福岡のデパートのフルーツ売り場でした。

メディアや街の人から浴びせられる好奇の目。

「あり得ない価格」のマンゴーがもたらす、意外な効果も。

そして最後には…。

(動画は5分59秒です。データ放送ではご覧になれません)。