14日にかけ西・東日本太平洋側中心に大雨のおそれ 警戒を

前線と低気圧の影響で四国や東海などでは局地的に雨雲が発達しています。14日にかけて西日本と東日本の太平洋側を中心に断続的に激しい雨が降って大雨となるおそれがあり、気象庁は、土砂災害や低い土地の浸水などに警戒するよう呼びかけています。

気象庁によりますと前線と低気圧の影響で西日本と東日本を中心に雨が降り続いていて、四国や東海、関東などに発達した雨雲がかかっています。

午後10時20分までの1時間には、高知県の足摺岬で31ミリの激しい雨が降りました。

高知県や宮崎県、沖縄県、それに静岡県などでは今月10日の降り始めからの雨量が200ミリを超えているところがあります。

今後の見通し

前線上の低気圧が14日にかけて本州の南岸を進むため、西日本と東日本の太平洋側では激しい雨が降り、局地的には1時間に50ミリ以上の非常に激しい雨が降って大雨となるおそれがあります。

14日夕方までの24時間に降る雨の量はいずれも多いところで、
▽近畿、東海、四国、それに沖縄県で150ミリ、
▽関東甲信で120ミリ、
▽鹿児島県の奄美地方で100ミリと予想されています。

その後、14日夕方から15日夕方までの24時間の雨量は、沖縄県で50ミリから100ミリと予想されています。
気象庁は土砂災害や低い土地の浸水、川の増水に警戒するとともに落雷や竜巻などの激しい突風にも注意を呼びかけています。