あすにかけ西日本と東日本の太平洋側中心に大雨のおそれ

前線と低気圧の影響で関東や東海、九州などで発達した雨雲がかかっています。
14日にかけて西日本と東日本の太平洋側を中心に断続的に激しい雨が降って大雨となるおそれがあり、気象庁は土砂災害や低い土地の浸水などに十分注意するよう呼びかけています。

気象庁によりますと、前線と低気圧の影響で西日本と東日本の広い範囲で雨が降り、関東や東海、九州などには発達した雨雲がかかっています。

西日本では雨が続いていて、宮崎県や高知県では今月10日の降り始めからの雨量が200ミリを超えているところがあります。

九州の西の海上にある前線上の低気圧が本州の南岸を進むため、西日本ではこれから夜にかけて、東日本では13日夜から14日の朝にかけて再び雨が強まる見込みです。

雷を伴って激しい雨が降り、局地的には1時間に50ミリ以上の非常に激しい雨が降って大雨となるおそれがあります。
14日朝までの24時間に降る雨の量は、いずれも多いところで
▽東海で200ミリ
▽九州南部、近畿で180ミリ
▽沖縄、奄美、四国、関東甲信で150ミリと予想されています。

その後、14日朝から15日朝までの24時間の雨量は、沖縄、東海、関東甲信で50ミリから100ミリと予想されています。

気象庁は、土砂災害や低い土地の浸水、川の増水や氾濫に十分注意するとともに落雷や竜巻などの激しい突風にも注意を呼びかけています。