維新 藤田幹事長 定数削減めぐる細田衆院議長の発言を批判

細田衆議院議長が国会議員の定数削減の傾向に疑問を示したことについて、日本維新の会の藤田幹事長は細田氏の発言を批判したうえで「議員定数の大幅削減を訴えているわれわれとは、そもそもの考え方から違っている」と指摘しました。

国会議員の定数について細田衆議院議長は10日夜、「1人当たりの月給で100万円未満のような議員を多少増やしてもバチはあたらない」と述べ、定数削減の傾向に疑問を示しました。

これについて日本維新の会の藤田幹事長は記者会見で、「議長という立場をわきまえない発言であり、いかんともしがたい気持ちだ」と批判したうえで、「議員定数の大幅削減を訴えているわれわれとは、そもそもの考え方から違っている」と指摘しました。

そして、「報酬についての発言も民間感覚ではありえないものだ。大切な税金から報酬をいただき、選挙で選ばれて仕事をさせていただいていることを謙虚に受け止めて、国民のために全力を尽くす姿勢を徹底するべきだ」と述べました。