立民 泉代表“政府のコロナ対策検証 国会に調査委設けるべき”

新型コロナ対策を検証する政府の有識者会議の初会合が開かれる中、立憲民主党の泉代表は「政治的意図が働いてはいけない」として、東京電力福島第一原子力発電所の事故の際と同様に、国会に調査委員会を設けるべきだという考えを示しました。

政府は11日、これまでの新型コロナ対策を検証する有識者会議の初会合を開きました。

こうした中、立憲民主党の泉代表は都内で講演し、「東日本大震災の原発事故では『政治的意図が働いてはいけない』という文脈から、国会に事故調査委員会をつくった。政府のコロナ対策を冷静に検証するために、同じように国会に調査委員会を発足させるべきだ」と述べました。

また、今後のコロナ対策をめぐり、「日本も徐々に屋外のほか、公共交通機関や医療機関以外ではマスクを外し『ウィズ・コロナ』のフェーズに入ってくると思うので、業界ごとのガイドラインを、今の状況にあったものに見直していくべきではないか」と述べました。