官房長官“日銀の自主性尊重”安倍元首相の政府の子会社発言に

自民党の安倍元総理大臣は、9日に日銀について「政府の子会社だ」などと述べました。これについて、松野官房長官はコメントは差し控えるとしたうえで、日銀の自主性は尊重されなければならないという認識を示しました。

自民党の安倍元総理大臣は9日、大分市で講演し、日銀について「政府は国債を市中銀行を通じて日銀に買ってもらっている。満期が来たら返さなければならないが、日銀は政府の子会社なので、政府は何回借り換えてもかまわない」などと述べました。

これについて、松野官房長官は閣議のあとの記者会見で「個別の発言の一つ一つにコメントすることは差し控える」と述べました。

そのうえで「日銀法上、日本銀行の通貨および金融の調節における自主性は尊重されなければならないとされており、政府としては法律に規定されているとおりだと認識している」と述べました。