岸田首相 ベトナムの日程終えタイへ出発 あす首脳会談

ベトナムを訪れていた岸田総理大臣は、ファム・ミン・チン首相との首脳会談など一連の日程を終え、日本時間の1日夜、次の訪問国のタイに向けて出発しました。2日はプラユット首相と首脳会談を行い、安全保障や経済分野での協力を確認する見通しです。

岸田総理大臣は、訪問先のベトナムでファム・ミン・チン首相と首脳会談を行い、ロシアによるウクライナへの軍事侵攻をめぐり即時停戦と人道支援が重要だという認識で一致し、大量破壊兵器による威嚇や使用、民間人への攻撃に反対することを確認しました。

また、フック国家主席と昼食をとりながら会談したほか、フエ国会議長らとも意見を交わしました。

ベトナムでの一連の日程を終えた岸田総理大臣は、次の訪問国タイに向けて日本時間の1日午後6時すぎに出発しました。

岸田総理大臣は、2日、プラユット首相と首脳会談を行い、タイがことしのAPEC=アジア太平洋経済協力会議の議長国を務めていることも踏まえ、ウクライナ情勢への対応などをめぐって意見を交わすほか、安全保障や経済分野での協力を確認する見通しです。