“プーチン大統領が11月のG20に参加” インドネシア大統領

G20=主要20か国の議長国を務めるインドネシアのジョコ大統領はロシアのプーチン大統領からことし11月にバリ島で開かれる予定のG20首脳会議に参加すると伝えられたことを明らかにしました。

これは、ジョコ大統領が29日の演説で、プーチン大統領と28日に電話会談を行った際に伝えられた内容として明らかにしたものです。

この中で、プーチン大統領は「G20の首脳会談に招待されたことを感謝するとともに、参加する」と述べたとしています。

これについて、ロシア大統領府のペスコフ報道官は29日、記者団に対し「ロシアは、G20の首脳会議のために準備する」と述べる一方で「まだ参加の方式について話すのは時期尚早だ」としています。

一方、ジョコ大統領は27日にウクライナのゼレンスキー大統領と電話会談を行い、G20首脳会議にゼレンスキー大統領を招待したことも明らかにしました。

G20の開催をめぐってジョコ大統領は、G20の結束を望んでいるとしたうえで「分裂させてはいけない。平和と安定は、世界経済の回復と発展の鍵だ」と述べ、ロシアの排除に賛同しない意向を示しました。

岸田首相「適切に対応するべく両国の緊密連携で一致」

岸田総理大臣は、ジョコ大統領との首脳会談のあと記者団に対し「国際社会は、ロシアとの関係をこれまでどおりにすることはできない。G20首脳会議についてジョコ大統領とは、今後の情勢をよく見極めながら 適切に対応するべく両国で緊密に連携していくことで一致した」と述べました。

また岸田総理大臣は、ジョコ大統領との会談の成果について「ウクライナ情勢や自由で開かれたインド太平洋などさまざまな課題について突っ込んだ意見交換ができ、大変有意義だった。G20の議長国であるインドネシア、そしてジョコ大統領と信頼関係を築けたことは大変大きな意義がある」と述べました。

インドネシアのジョコ大統領「人道的な対応 進めていく」

インドネシアのジョコ大統領は、岸田総理大臣との会談後の共同記者発表でロシアによるウクライナへの軍事侵攻について「すべての国が、他国の主権と領土を尊重することを求めている。ウクライナでの戦争は直ちにやめなければならず、交渉による平和的な解決が実現するための環境づくりを共に進めていくことで合意した」と述べ、事態の打開に向けて日本とともに外交努力を続ける考えを示しました。

そのうえで「G20の議長国として人道的な対応を進めていくとともに、世界経済の回復に向けて取り組んでいきたい」と述べました。

また、ジョコ大統領は、日本との経済協力について「貿易や投資を拡大することで合意した」と述べ、脱炭素社会の実現に向けて再生可能エネルギーへの転換や、首都の移転に伴うインフラ整備などで日本からの投資に期待を示しました。