訪日の韓国代表団 日韓関係改善へ対話を活発化させたい考え

韓国のユン・ソギョル(尹錫悦)次期大統領が日本に派遣した代表団は一連の日程を終え、日韓関係の改善に向けて外交当局間の対話を活発化させたい考えを示しました。

韓国のチョン・ジンソク(鄭鎮碩)国会副議長を団長とする代表団は今月24日から5日間の日程で日本を訪れて岸田総理大臣などと会談し、一行は28日、韓国に帰国しました。

チョン副議長はインチョン(仁川)空港で報道陣の取材に応じ「ユン・ソギョル次期大統領の両国関係改善に対する強い意志と期待を日本側に伝えて共感を得た」と振り返りました。

そして「新政権が発足すれば直ちに今後の対応のために外交ルートでの対話や、われわれの努力がなされると思う」とも述べ、日韓関係の改善に向けて外交当局間の対話を活発化させたい考えを示しました。

一方、太平洋戦争中の「徴用」をめぐる問題については「両国が誠実に対話に努め利害当事者が受け入れ可能な解決策を見いだすために努力を傾けるべきだという立場を伝えた」と述べていて、問題の解決には双方の外交努力が必要だという考えを示しました。