予備費の支出 野党側から批判相次ぐ 衆院予算委理事懇

衆議院予算委員会は理事懇談会を開き、財務省の担当者から予備費の支出の内容について説明を受けたあと、質疑を行いました。

この中で、野党側からは「観光の推進や中小企業支援などに新型コロナ対策の予備費を使うのはおかしい。補正予算案に盛り込んで国会で審議すべき内容で、財政民主主義に反する」などと批判が相次ぎました。

また、野党側の筆頭理事を務める立憲民主党の大串博志氏は、政府が今年度の補正予算案で予備費を積み増すとしていることについて「問題が大きい」と指摘し、予算委員会で充実した審議を行うよう求めました。

理事懇談会のあと、大串氏は、記者団に対し「岸田総理大臣は、新型コロナ対策の予備費を国会が関与できないところで参議院選挙前のバラマキのための自由な財布として使っている。安倍政権や菅政権でもやらなかった極めて強権的なやり方であり、厳しく追及していく」と述べました。