安倍元首相 韓国代表団に慰安婦問題めぐる日韓合意履行求める

自民党の安倍元総理大臣は、韓国のユン・ソギョル(尹錫悦)次期大統領が派遣している代表団と会談しました。安倍氏が慰安婦問題をめぐる日韓合意の履行などを求めたのに対し、代表団は「双方の努力が重要だ」とこたえました。

会談は27日午後、議員会館の会議室でおよそ30分間行われ、安倍氏は総理大臣当時の2015年の慰安婦問題をめぐる日韓合意について「破棄されたのは残念だ」と述べ、履行するよう求めました。

また太平洋戦争中の「徴用」をめぐる問題については「日本企業の資産を差し押さえて売却する『現金化』は避けなければならない」と指摘しました。

これに対し代表団は「日韓双方の努力が重要だ」とこたえたということです。

一方、会談では北朝鮮への対応について、日韓両国やアメリカを加えた3か国による緊密な連携が不可欠だという認識で一致しました。