ロシア中部で幼稚園に男が侵入して発砲 園児2人と職員1人死亡

ロシア中部で26日、幼稚園に男が侵入して発砲する事件があり、園児2人と職員1人の合わせて3人が死亡しました。男は持っていた銃で自殺を図り、死亡したということで、捜査当局が詳しい状況を調べています。

ロシア国営のタス通信などによりますと、ロシア中部のウリヤノフスク州で26日、幼稚園に男が侵入して発砲しました。

この事件で、園児2人と幼稚園の職員1人の合わせて3人が死亡しました。

また、男は持っていた銃で自殺を図り、死亡が確認されたということで、捜査当局が事件の詳しい状況を調べています。

地元メディアによりますと、幼稚園に警備員などは配置されていなかったということで、ウリヤノフスク州の知事が、州内にあるすべての教育機関の安全対策を確認するよう指示したとしています。