国民 「教育国債」法案を提出 使いみちを教育などに限定

教育などへの投資を大幅に増やすことを目指し、国民民主党は新たに「教育国債」を発行できるようにする法案を国会に提出しました。

国民民主党は教育や科学技術への予算を倍増させて、幼児教育の無償化や児童手当の拡充などが必要だとしています。

これに必要な財源を確保するため、国民民主党は26日、使いみちを教育などに限定した「教育国債」を新たに発行できるようにする法案を参議院に提出しました。

大塚政務調査会長は記者団に「教育や科学技術は、さきざきのわが国を支えるもので、その財源を国債で調達するのは合理的だ」と述べました。

このほか、国民民主党は、新型コロナによって経営に深刻な影響を受けた理美容業や旅館業などの事業者への支援を拡充する法案も合わせて提出しました。