林外相と韓国代表団 “新政権で緊密に意思疎通で一致”

林外務大臣は、韓国のユン・ソギョル次期大統領が日本に派遣している代表団と、夕食をとりながら意見を交わし、韓国の新政権のもと、日韓両国で緊密に意思疎通を図っていくことで一致しました。

外務省の飯倉公館で行われた夕食会で、林外務大臣は、ロシアのウクライナへの軍事侵攻や北朝鮮の核・ミサイル活動の活発化など、国際社会が大きな変化に直面する中で、健全な日韓関係は、ルールに基づく国際秩序を実現し世界の平和と安定・繁栄を確保する上でも不可欠だと述べました。

そのうえで、林大臣は、1965年の国交正常化以来、築いてきた日韓の友好や協力を基盤に関係を発展させていく必要があるとして、ユン次期大統領のリーダーシップに期待を示し、両国の関係改善のために、新政権と緊密に協力していきたいという考えを伝えました。

これに対し、韓国の代表団から、日韓関係を改善していきたいという基本的な立場や考え方が説明され日韓両国間の懸案を含めた意見交換が行われました。

そして、双方は、韓国の新政権の下、日韓両国で緊密に意思疎通を図っていくことで一致しました。

また、北朝鮮への対応を含め、日米韓3か国の協力をさらに推進していくことも確認しました。