国民幹事長 維新との参院選協力の合意文書文言 再協議を要請

国民民主党の榛葉幹事長は、日本維新の会と、夏の参議院選挙での協力を決めた合意文書の中で、両党で「政権交代を実現する」などとした文言に対し、党内から異論が出ているとして、日本維新の会に対し、再協議を要請していることを明らかにしました。

国民民主党と日本維新の会は20日、夏の参議院選挙の京都選挙区と静岡選挙区で、互いの候補者に推薦を出し合うことを決め、両党で「政権交代を実現して日本再生のために尽力する」などとした合意文書を交わしました。

文書にサインした国民民主党の榛葉幹事長は記者会見で「われわれは『反自民・非共産』の立場で、野党が大同団結して政権交代するということはずっと言っているが、日本維新の会とだけ連携するような表現にとられかねない」と述べました。

そのうえで、この文書について、党内で事前に了承の手続きを取っていなかったことに加えて、文言の修正などを求める意見が出ているとして、日本維新の会に対し、再協議を要請していることを明らかにしました。

これに対し、日本維新の会の藤田幹事長は、記者会見で「国民民主党の内部的な手続きの問題という認識で、両党の責任者がまとめた文書を差し替えることは想定していない」と述べました。