岸田首相「アジア・太平洋水サミット」出席し各国首脳と会談へ

岸田総理大臣は23日、熊本市で開催される国際会議「アジア・太平洋水サミット」に出席するとともに、会議に参加するカンボジアなどの首脳と個別に会談することになりました。

これは、松野官房長官が閣議のあとの記者会見で発表しました。

それによりますと、岸田総理大臣は23日に熊本市を訪問し、アジア太平洋地域の首脳らが、干ばつや水害など水問題の解決に向けた議論を行う「アジア・太平洋水サミット」に出席します。

また、会議に参加する予定のカンボジアとラオス、それに南太平洋の島国 ツバルの首脳と、個別に会談することにしています。

さらに24日は、記録的な大雨となった、おととしの「令和2年7月豪雨」で被災した熊本県人吉市を訪れ、本格的な出水期を前に、当時の被災状況や観光施設の復旧状況などを視察する予定です。

松野官房長官は記者会見で「被災した人吉市内の視察で、現場の声を丁寧に聞いていきたい」と述べました。