北朝鮮 キム総書記党トップ就任10年で核・ミサイル開発を誇示

北朝鮮では、キム・ジョンウン(金正恩)総書記が朝鮮労働党のトップに就任してから11日で10年となるのを前に、中央報告大会が開かれ、党の幹部が演説で「国家核武力の完成という歴史的な重大事業が実現した」と述べ、核・ミサイル開発の進展を誇示しました。

北朝鮮のキム・ジョンウン総書記が、父親のキム・ジョンイル(金正日)氏の死去を受け、2012年4月に開かれた朝鮮労働党の代表者会で、新たに設けられた「第1書記」に選出され、国家や軍を指導する党のトップに就任してから、11日で10年となります。

これを前に10日、首都ピョンヤンで記念の中央報告大会が開かれ、国営の朝鮮中央テレビは午後6時から、その模様を録画で放送しました。

キム総書記は出席しませんでしたがひな壇にはキム総書記の妹、キム・ヨジョン(金与正)氏を含む党の幹部たちが並びました。

この中で、最高人民会議のチェ・リョンヘ常任委員長が演説し「国家核武力の完成という歴史的な重大事業がついに実現した」と述べ、放送では、先月発射した新型のICBM=大陸間弾道ミサイルだとする「火星17型」の写真も映し出されるなど、核・ミサイル開発の進展を誇示しました。

北朝鮮では、今週15日にキム総書記の祖父、キム・イルソン(金日成)主席の生誕110年の節目も控えていて、国威発揚も狙って、近く、さらなる弾道ミサイルの発射や、7回目の核実験を行う可能性も指摘されています。