ボクシング 村田諒太 王座統一戦でTKO負け

WBA=世界ボクシング協会のミドル級スーパーチャンピオン、村田諒太選手が9日夜、さいたま市で行われたIBF=国際ボクシング連盟のチャンピオン、カザフスタンのゲンナジー・ゴロフキン選手との王座統一戦に臨み、第9ラウンド、テクニカルノックアウトで敗れました。

WBAミドル級スーパーチャンピオンの村田選手は9日夜、さいたま市でIBFのチャンピオン、ゴロフキン選手との王座統一戦に臨みました。

試合はもともと去年12月に予定されていましたが、新型コロナウイルスの影響で延期となり、村田選手にとってはおよそ2年4か月ぶりの試合でした。

会場にはおよそ1万5000人の観客が集まり、村田選手が元3団体統一王者で、WBAの王座を19回連続で防衛するなど、現役屈指のチャンピオン、ゴロフキン選手とどのような試合をするか注目されました。

試合は第1ラウンドから村田選手が積極的に前に出て、ボディーを中心とした攻撃でゴロフキン選手を苦しめました。

中盤からはゴロフキン選手が強烈なパンチで主導権を握り、村田選手はたびたびロープ際に追い込まれました。

そして第9ラウンド、ゴロフキン選手の右の強打が村田選手の顔に当たって、よろめいたところで試合が終わりました。

村田選手は9ラウンド2分11秒、テクニカルノックアウトで敗れ、王座統一は果たせませんでした。

村田選手は「総合力で上を行かれた。2年4か月ぶりの試合でゴロフキン選手とやれる、こんなにラッキーなことはない。拍手をおくっていただいてうれしく思う」と話していました。

ゴロフキン選手は「村田選手はスーパーチャンピオンの名にふさわしい戦いだった。すばらしい舞台を用意してくれた方々にお礼を言いたい」と話していました。

村田「総合力で上を行かれた」

試合後、記者会見に臨んだ村田諒太選手は「まだ感情が湧いてくる時点ではなく、これから湧いてくるのだと思う。ゴロフキン選手は強さよりもうまさを感じた。ブロッキングの隙間にパンチを入れてくる技術など幅の違いというのをリング上で感じた。総合力で上を行かれた」と振り返りました。

また「ボディーは効いたなという感じはあった」とみずからの攻めに手応えがあった一方で「右ストレートが強く当たる距離でパンチをもらってくれない。そこがゴロフキン選手が打たれ強いと言われるゆえんかなと思った」と強さを分析していました。

そして「よくやったとか、全部出し切りましたとか、もうちょっと時間がたってみないと言えない。いま、この時点では客観的に捉えることができない」と話していました。

所属ジム会長「勝っても負けても最後だと思ってやったと思う」

村田諒太選手が所属する帝拳ジムの本田明彦会長は「村田選手のガードのかたさがあったからあそこまでもった。100%の力を発揮したと思うが、ゴロフキン選手が上だった」と試合を振り返りました。

そして「2年以上のブランクがあっても、あれだけのものを見せられたのはすごい」とおよそ2年4か月ぶりの試合となった村田選手をたたえました。

そして、村田選手の今後について「たぶん、本人は勝っても負けても最後だと思ってやったと思う。俺もそうだし、村田もそうだと思う」と話していました。