国民 玉木代表 ”政策協議継続も 参院選1人区では自民と対じ”

国民民主党の玉木代表は、自民・公明両党との政策協議を今後も続けたいとする一方で、夏の参議院選挙のいわゆる「1人区」では、野党としての新たな姿を提示して自民党と対じする考えを示しました。

国民民主党の玉木代表は、盛岡市で記者会見し、自民・公明両党と行っている政策協議について「原油価格の高騰対策の『トリガー条項』の凍結解除に限らず、実現すべき政策は、政府与党に働きかけて、実現につなげたい」と述べ、今後も続けたいという意向を示しました。

一方で、夏の参議院選挙で定員が1人の「1人区」の対応については「自民党の候補者がいるなかで対立候補を立てているので、きちんと自民党と対じしていく。政府与党に対し、『だめなものはだめ』と言う、新しい野党像を示すことで、党勢を拡大していきたい」と述べました。