震度6強 宮城・福島の「津波注意報」解除

16日午後11時半ごろ、宮城県と福島県で震度6強の揺れを観測する地震があり、宮城県と福島県の沿岸に津波注意報が発表されましたが、午前5時にすべて解除されました。気象庁は揺れの強かった地域では今後1週間程度は最大震度6強程度の揺れに警戒するよう呼びかけています。

この地震で▼震度6強の揺れを▽宮城県登米市蔵王町▽福島県相馬市、南相馬市、国見町で観測しました。

また、▽震度6弱を宮城県石巻市、名取市、角田市、岩沼市、栗原市、東松島市、大崎市、大河原町、川崎町、亘理町、山元町、涌谷町、福島県福島市、二本松市、田村市、伊達市、桑折町、天栄村、楢葉町、富岡町、大熊町、双葉町、浪江町、新地町、飯舘村で観測しました。

▼震度5強の揺れを岩手県と宮城県、山形県、福島県で、▼震度5弱の揺れを青森県と岩手県、宮城県、秋田県、山形県、福島県、茨城県、栃木県、それに新潟県で観測しました。

このほか、▼震度4から1の揺れを北海道から九州にかけての広い範囲で観測しました。

気象庁によりますと、震源地は福島県沖で地震の深さは57キロ、地震の規模を示すマグニチュードは7.4と推定されています。

この地震で、気象庁は、宮城県と福島県の沿岸に津波注意報を発表しました。

▽宮城県の石巻港では午前2時14分に30センチ、▽仙台港では午前1時46分に20センチ、▽福島県の相馬港でも午前3時15分に20センチのそれぞれ津波を観測しました。

津波注意報は午前5時にすべて解除されました。

岩手県から福島県にかけての沿岸では、今後、多少の潮位の変化はあるかもしれませんが津波の被害の心配はないということです。

福島県沖では、その後も地震が相次いでいて、17日午前3時すぎまでに震度1以上の地震が10回以上起きています。

気象庁は、揺れの強かった地域では今後1週間程度は最大震度6強程度の揺れに警戒するよう呼びかけています。