小中学校の卒業の思い出に 花火の打ち上げ 栃木 上三川町

この春、小中学校を卒業する子どもたちに思い出を作ってもらおうと、8日夜、栃木県上三川町で花火の打ち上げが行われました。

これは建設業者の団体と町が企画したもので、会場の公園には、今月に町立の小中学校を卒業するおよそ300人の子どもたちと保護者などが集まりました。
はじめに卒業生の代表3人が点火式を行うと打ち上げが始まり、大型の花火や数十発の連続打ち上げなどが披露されました。

打ち上げられた花火の表面には、卒業生がメッセージを書いた紙が貼り付けられ、お世話になった学校や同級生への感謝の気持ちなどがつづられたということです。

卒業生たちは友達と一緒に夜空を見上げながら、思いを込めた花火が打ち上がるたびに大きな歓声を上げていました。

クラスメイトと一緒に鑑賞した中学3年生の女子生徒は「すごくきれいで感動しました。学校行事がコロナでなくなってしまったので、思い出を作る機会をくれた人たちに感謝しています」と笑顔で話していました。