東日本大震災からまもなく11年 福島県の魅力発信 大阪 天王寺

東日本大震災からまもなく11年となるのを前に、原発事故に伴う風評被害を払拭しようと、福島県の魅力を発信するイベントが大阪・天王寺区で開かれました。

イベントは大阪・天王寺区にある天王寺公園の芝生広場、通称「てんしば」を会場に開かれました。

福島県玉川村が設けたブースでは、地元でとれた野菜やジュースなどの販売が行われました。

さるなしのジュースを買ったという男性は「福島が大好きで、東日本大震災を知った時は大阪にいても涙が出ました。現地のものを消費することが応援につながると思います」と話していました。

また、白河市のブースでは特産品の「白河だるま」の絵付け体験が行われ、子ども連れなどで賑わっていました。
体験した4歳の男の子は「元気に楽しく過ごせますように、とお願いしました」と話し、30代の母親は「福島の文化に触れられていい機会だと思います」と話していました。

復興庁の中見大志参事官は「福島は風評被害で復興が思うように進まない部分がある。魅力的な農産物や観光地があることを知っていただきたい」と話していました。