北海道や東北中心 22日未明にかけ暴風雪や猛吹雪など警戒を

発達した低気圧と強い冬型の気圧配置の影響で、北日本では雪を伴って非常に強い風が吹いています。北海道や東北を中心に、22日未明にかけて雪や風で見通しがきかなくなるおそれがあり、気象庁は暴風雪や猛吹雪などによる交通への影響に警戒を呼びかけています。

気象庁によりますと、発達した低気圧が北海道付近を東へ進み、強い冬型の気圧配置が続いているため、北海道や東北などでは猛吹雪となったところがあります。

午後6時までの3時間に観測された最大瞬間風速は、
▽北海道のえりも岬で34.1メートル
▽北海道網走市で32.9メートル
▽秋田市で26.9メートル
などとなっています。

北日本や新潟県、岐阜県の山沿いでは雪も強まり、午後6時までの3時間に降った雪の量は、
▽北海道の釧路空港で12センチ
▽岐阜県白川村で8センチ
▽新潟県湯沢町で6センチ
などとなっています。

北日本では「ホワイトアウト」のおそれも

強い冬型の気圧配置はこのあとも続き、22日未明にかけて北海道や東北を中心に雪を伴って非常に強い風が吹く見込みです。

22日にかけて予想される最大風速は、
▽北海道で25メートル
▽東北で20メートル

最大瞬間風速は、
▽北海道で35メートル
▽東北で30メートルに、達する見込みです。

北日本では見通しのきかない猛吹雪、いわゆる「ホワイトアウト」のおそれがあります。

波も高く、北海道と東北、それに新潟県では21日夜は大しけが続く見込みです。

気象庁は暴風雪や猛吹雪による交通への影響のほか、高波にも警戒を呼びかけています。

視界が悪く、事故が発生しているところもあります。

夜間も風が強いと予想されるため、吹きだまりでの事故や、車の立往生などにも警戒し、運転する際には無理をしないよう心がけてください。

21日夜いっぱい 局地的な大雪にも警戒を

北日本の日本海側や新潟県を含む北陸、それに岐阜県では21日夜いっぱいは局地的に大雪になるおそれがあります。

22日夕方までの24時間に降る雪の量は、いずれも多いところで、
▽新潟県で70センチ
▽北海道と東北で50センチ
▽岐阜県と長野県で40センチ
と予想されています。

大雪による交通への影響のほか、積雪が増えているところでは雪崩や着雪による停電、屋根からの落雪にも十分注意してください。

JR北海道 22日も札幌駅発着は始発から運休

JR北海道は、暴風雪の影響で22日も札幌駅を発着するすべての特急、快速、普通列車を始発から運休させると発表しました。

このうち、札幌と新千歳空港の間については、22日昼ごろの運転再開を目指して除雪作業を進めるということです。

JR北海道によりますと、暴風雪の影響で22日も始発から終日、札幌駅を発着するすべての特急列車を運休させるということです。

また、札幌駅を発着する快速列車と普通列車についても、始発から運休させます。

運休する区間は、
◇函館線
▽小樽と札幌
▽札幌と岩見沢

◇千歳線
▽札幌と新千歳空港
▽南千歳と苫小牧

◇学園都市線
▽札幌と北海道医療大学の間です。

このうち、
▽札幌と新千歳空港の間については、22日昼ごろの運転再開を目指して除雪作業を進めるということです。

21日も暴風雪の影響で、全道的に列車の運休が相次ぎ、運休本数が1096本に上りました。

一日の運休としては過去10年間で、胆振東部地震ですべての列車が止まった2018年9月6日の1282本に次ぐ本数だということです。

JR北海道は、2月6日に大雪で列車が駅から動けなくなったことなどから、札幌駅を発着する列車をすべて運休させたあと、1週間以上にわたってダイヤの乱れが続きました。

島田信明運輸部長は会見で、21日と22日の対応について「2週間前に多くの列車が駅で留置をしてご迷惑をおかけした。同じようなことにならないよう、始発から全面的に運転を見合わせた」と述べました。

そのうえで「目標としては、札幌から新千歳空港を優先的に運転再開できるようにしたい。そのほかの区間は、天候の状況を踏まえながら除雪を進め、なるべく早く通常どおりの運転に戻すようにしたい」と述べました。

東北 交通の影響(21日午後0時半時点)

東北での午後0時半時点の交通の影響です。

【鉄道】
新幹線は山形新幹線で一部の列車に遅れがでています。
東北新幹線は平常どおりです。
在来線では奥羽本線や羽越本線などで運転の見合わせが相次いでいます。

【高速道路】
東北自動車道は、吹雪のため岩手県や秋田県、宮城県、福島県の一部の区間で通行止めとなっています。

また秋田自動車道や八戸自動車道、日本海東北自動車道、東北中央自動車道などの一部区間も通行止めとなっています。

JR羽越本線 雪で列車動けず 乗客は下車

21日正午ごろ、新潟県内を走る羽越本線の線路上で、乗客11人を乗せた列車が雪の影響で動けなくなりました。

JR東日本によりますと、午後3時半ごろ乗務員の誘導で乗客は全員、列車から降りたということです。

新潟県内は20日から各地で雪になっていて、JR東日本によりますと、21日正午ごろ、新潟駅から羽越本線の村上駅に向かっていた普通列車が胎内市にある平木田駅と中条駅の間にさしかかったところ、線路上に積もった雪の影響で動けなくなったということです。

午後3時半ごろ、乗客11人は乗務員の誘導で列車から降りたということです。

JR東日本は現在、羽越本線の新発田駅と村上駅の間の上下線で運転を見合わせ、線路上の除雪作業を進めています。

空の便の影響(21日午後4時半現在)

雪や風の影響で、北海道や東北などを発着する空の便、合わせて278便で欠航するなどの影響が出ています。

午後4時半現在で欠航したり欠航が決まったりしているのは、
▽日本航空が115便、
▽全日空が73便、
▽エアドゥが30便、
▽ピーチ・アビエーションが26便、
▽スカイマークが24便、
▽ジェットスターが6便、
▽フジドリームエアラインズが4便、となっています。

航空各社は、今後の天候次第ではさらに欠航便が増える可能性があるとしてホームページなどで最新の情報を確認するよう呼びかけています。

青森 十和田では強風で建設現場の足場倒れる

「JA十和田おいらせ」によりますと、21日正午ごろ、十和田市三本木のコメを保管するための大型倉庫の建設現場の足場が倒れました。

足場は、強風の影響で倒れたと見られ、近くに止めてあったクレーン車が下敷きになるなどしましたが、天候が悪いため、21日は作業が行われていなかったということで、けがをした人はいませんでした。

十和田市は21日、風が強まり、ときおり吹雪となっていて午前10時すぎには24.1メートルの最大瞬間風速を観測していました。

小中学校の臨時休校

暴風雪警報が出ている北海道の網走市や紋別市、北見市常呂町のすべての小中学校は、21日の臨時休校を決めました。
▽北見市常呂町にある3つの小学校と1つの中学校、
▽網走市内にある9つの小学校と6つの中学校、
▽紋別市内にある6つの小学校と3つの中学校です。