スズキ EV商用車開発へ 軽自動車サイズのEVにつなげる計画

世界でEV=電気自動車の開発が加速する中、軽自動車が主力のスズキは、今後数年以内に商用車の分野で先行してEVを開発する方針を明らかにしました。

これはスズキの鈴木俊宏社長がNHKのインタビューで明らかにしました。

この中で鈴木社長は、世界で急速に進む車の電動化に対応するため、今後数年以内に商用車として販売している「エブリイ」をベースにしたEVを先行して開発する方針を明らかにしました。

商用車のEVを通じてさまざまなデータや技術を蓄積しながら一般向けの軽自動車サイズのEVにつなげていく計画で、スズキが具体的な開発方針を明らかにするのは初めてです。

鈴木社長は「最初からパーフェクトなものはできないのでまず作って使ってもらい課題を出していく。それに対してどういう改善ができるのか、試行錯誤しながらよりよいEVを見つけ出す取り組みを進める」と述べました。

スズキは国内の新車販売のおよそ4割を占めている軽自動車が主力で、この分野でも今後EVへの転換が進むのかが焦点となります。