警察署に投石 高校生がけがをした経緯について調査へ 沖縄

27日夜遅くから28日朝にかけ、沖縄市の警察署の周辺に若者が集まり、一部が石を投げて署の窓ガラスを割るなどしました。
27日未明に市内でバイクに乗っていた男子高校生が警察官に警棒で殴られて大けがをしたなどとする、ネットで拡散した情報を見て集まったとみられ、警察は高校生がけがをした経緯について事実関係の調査を行うとしています。

27日夜11時ごろから28日朝4時すぎにかけて、沖縄市にある沖縄警察署の周辺に多数の若者が集まり、一部が警察署の建物に向かって石を投げたり、駐車中の車両を棒でたたいたりしました。

この騒動でけが人はいませんでした。

警察によりますと、玄関の窓が数枚割れたほか、車両2台が破損し、器物損壊などの疑いで捜査を進めることにしています。

一方、警察によりますと、27日午前1時15分ごろ、複数のバイクによる暴走行為を警戒するため、市内の路上を歩いてパトロールしていた警察官と17歳の男子高校生が乗ったバイクが接触しました。

バイクは走り去りましたが、まもなく数百メートル離れた場所にいたこの高校生から消防に事故を起こして顔にけがをしたという内容の通報があったということで、高校生は右目に大けがをして病院に搬送されました。

消防によりますと、高校生は搬送される前「右目の辺りを警察官に棒のようなもので殴られた」と説明したということです。

また、警察によりますと警察官も右腕に軽いけがをしたということです。

高校生のけがをめぐってネット上に「少年が警察官に警棒で殴られて失明した」などとする情報が拡散していて、警察署の周辺に集まった複数の若者がこの情報を見たと話していました。

警察は、高校生がけがをした経緯について「警察官と少年の双方から話を聞くなどして事実関係の調査を行う」としています。

警察官「警棒 どうしていたか調査中」

警察はこれまでの警察官への聞き取りについて「警察官は『正面からバイクが走ってきて、職務質問をしようとしたところバイクと接触した』と話している」としています。

一方、警棒について警察は当初、NHKの取材に対し、「当時、警察官は腰の左側に装着していた」と説明していましたが、その後、「通常、警棒は腰の左側に装着しているが、当時、どうしていたのか、詳しく調べている」と説明を修正しました。

そのうえで「警察官は『一瞬のことだったので体のどの部分がバイクに接触したかわからない』と話している」としています。

松野官房長官「沖縄県警で事実関係を確認のうえ、適切に対応」

松野官房長官は、午後の記者会見で「昨夜からきょう未明にかけて、沖縄県の沖縄警察署の周辺に最大で400人が集まり、警察署に向けて卵や瓶を投げるなどして庁舎や車両のガラスが一部、損壊するなどした事案が発生したものと承知している。今後、沖縄県警察で事実関係を確認したうえで、適切に対応するものと承知している」と述べました。

沖縄県教委 生徒たちに冷静な対応呼びかけ

今回の騒動のきっかけになったとみられる男子高校生のけがについて、沖縄県教育委員会は高校生が事故でけがをしたことは把握しているとしたうえで、各県立高校を通じて生徒たちに対し「事実関係の確認をしているので冷静に対応してほしい」と呼びかけることにしています。

一方で、警察には事実関係について詳しく説明するよう求めたということです。