衆院予算委 31日に集中審議で大筋合意 統計データ書き換えなど

新年度予算案を審議している衆議院予算委員会は、国土交通省の統計データ書き換え問題などを受けて、来週31日に岸田総理大臣らの出席を求めて集中審議を行うことで、与野党が大筋で合意しました。

衆議院予算委員会は、26日の委員会での質疑のあと、理事会を開き、新年度・令和4年度予算案の今後の審議日程を協議しました。

その結果、28日関係閣僚に対する質疑を行うことで合意したほか、国土交通省の統計データ書き換え問題や、総務省など4つの省が所管する予算案の関連資料にミスがあったことを受けて、来週31日の午後、岸田総理大臣と関係閣僚に出席を求めて、集中審議を行うことで、与野党が大筋で合意しました。