自民 高市政調会長 “佐渡島の金山 世界遺産登録 推薦すべき”

新潟県などが世界文化遺産への登録を目指している「佐渡島の金山」をめぐって、自民党の高市政務調査会長は、推薦できない理由はないとして、来月1日の期限までにユネスコに推薦すべきだという考えを重ねて示しました。

「佐渡島の金山」をめぐって、政府・与党内では、来月1日の期限までに、ユネスコに推薦するよう求める意見がある一方、韓国が朝鮮半島出身の労働者が強制的に働かされた場所だと反発していることも踏まえ、慎重に検討すべきだという声もあります。

これについて、自民党の高市政務調査会長は記者会見で、24日の衆議院予算委員会でのみずからの質問に対し、林外務大臣が「韓国への外交的配慮を行うことは全くない」と答弁したことに触れ「今年度に推薦できない理由やハードルはないと、政府も考えていることが明らかになった」と述べました。

そのうえで「来年の秋から、韓国が世界遺産委員会の委員国に入る可能性が高く、今よりも状況が不利になることを心配している。新潟県知事も『結果はともあれ、推薦してほしい』と話しておりその思いを大事にしたい」と述べ、来月1日の期限までにユネスコに推薦すべきだという考えを重ねて示しました。