【動画】東北 蔵王の「スノーモンスター」例年より早く見頃に

山形県と宮城県にまたがる蔵王連峰では、冬の風物詩「樹氷」が見頃を迎えています。

蔵王連峰の山形県側の斜面で標高1500メートル付近から山頂にかけて多数の「樹氷」が立ち並ぶ姿を、雲の合間からヘリコプターで撮影しました。

蔵王の樹氷は、高さがおよそ6メートルあり、その独特の姿から「スノーモンスター」とも呼ばれています。

冬の日本海からの季節風がアオモリトドマツに吹きつけ、風が運んできた水蒸気が木の枝に瞬間的に凍りつき、氷が大きくなっていくことで形づくられます。

今シーズンは年末年始の寒波で雪や強い風の日が続き、例年より3週間ほど早く1月初旬に見頃を迎えました。

蔵王温泉スキー場では、スノーボーダーなどが樹氷を楽しみながらゲレンデを滑りおりる姿が見られました。

蔵王ロープウェイの担当者によりますと、樹氷の見頃は2月いっぱいだということです。