“ヒトラー” 立民 菅元首相の投稿「看過できず」維新が抗議文

日本維新の会は、立憲民主党の菅元総理大臣がツイッターに「弁舌の巧みさではヒトラーを思い起こす」などと、党を批判する投稿をしたことについて「看過できない」として、立憲民主党に対し謝罪などを求める抗議文を出しました。

立憲民主党の菅元総理大臣は、今月21日、みずからのツイッターで、日本維新の会について「主張は別として、弁舌の巧みさでは第一次大戦後の混乱するドイツで政権を取った当時のヒトラーを思い起こす」と投稿しました。

これについて、日本維新の会は「看過できない」として、26日午前、藤田幹事長が立憲民主党の党本部を訪れ、応対した党職員に対し抗議文を手渡しました。

抗議文では「菅氏の投稿は、まったく事実に基づかない妄言で、ひぼう中傷を超えた侮辱と断じざるを得ない。これを放置するのであれば党の責任も問われる」などとして、立憲民主党と菅氏に対し、今月末までに投稿の撤回と謝罪を行うよう求めています。

藤田氏は、記者団に対し「ヒトラーになぞらえて批判することは、国際社会ではほとんど許容されない。菅氏は党の最高顧問を務めており、立憲民主党は、党として何らかの意思表示をされた方がいいのではないか」と述べました。

維新 松井代表「泉代表が態度を明らかにするべき」

日本維新の会の松井代表は、記者団に対し「立憲民主党はこれまで、人権尊重や性差別については、非常に厳しい態度で活動してきたと思うが、菅さんのこの発言は党として許される話なのか。公党として泉代表が態度を明らかにするべきだし、人権に対してどういう価値観を持っているのか、はっきりさせてもらいたい」と述べました。

立民 馬淵国対委員長「内容は不適切 謝罪は議員本人の判断」

立憲民主党の馬淵国会対策委員長は、記者団に対し「党所属の議員のSNS上での発言であり、党の正式な見解を述べたものではないが、内容は不適切だ。謝罪については、議員本人の判断だ」と述べました。