共通テスト試験中に問題撮影し送信 複数の学生知らずに解答か

今月行われた大学入学共通テストの問題が試験中に撮影されて外部に送られ不正が行われた疑いがある問題で、複数の大学生が受験生とみられる人物から依頼を受けて、共通テストの問題とは知らずに解答していた可能性があることが分かりました。
警視庁は、関係する人物の特定を進めるなど偽計業務妨害の疑いで捜査しています。

関係者によりますと今月15日と16日に行われた大学入学共通テストのうち、初日の15日の午前中に行われた「地理歴史」の中の世界史の問題用紙が受験生によって試験中に撮影された疑いがあり、インターネットを通じて外部に送られたということです。

問題を受け取ったのは東京大学の大学生で、家庭教師の紹介サイトで知り合った受験生とみられる人物から試しに解いてほしいと依頼されて解答し、その後、試験中に実際の問題が送られていたことに気付いて文部科学省に連絡したということです。

受験生とみられる人物から依頼を受けた大学生は他にもいて、同じように共通テストの問題とは知らずに解答していた可能性があることが関係者への取材で分かりました。

ネット上には受験生とみられる人物から送られたとする試験問題の画像が投稿され、実際の世界史の問題と一致していることが確認されました。

警視庁は、公平に実施されるべき試験を妨害した偽計業務妨害の疑いがあるとして捜査を始め、今後、関係する人物の特定などを進めることにしています。

松野官房長官「不正行為の防止は重要」

松野官房長官は午前の記者会見で「文部科学省や大学入試センターに大学生を名乗る者から、大学入学共通テストの試験中に試験問題を解かされた旨の連絡があったと聞いているが、それ以上の事実関係は確認中のため差し控えたい」と述べました。

そのうえで「入学試験での不正行為の防止は重要で、これまでも大学入試センターから試験監督官に監督要領を示し、試験中はスマートフォンなどの電源を切ったうえでかばんにしまわせるなどの対策を講じてきた。今後、事実関係の詳細が明らかになれば、それを踏まえて大学入試センターで必要な対応が取られると考えている」と述べました。