10歳の男の子 誕生日にヘアドネーション 3年間伸ばした髪切る

病気の治療などで髪の毛を失った人たちに役立ててもらおうと、山口市の小学生の男の子が3年間伸ばしてきた髪を切りました。

髪の毛を提供したのは山口市の小学4年生、京瀧優くんです。
22日は優くんの10歳の誕生日で、およそ3年前から伸ばしてきた40センチほどの髪を母親の映美さんに、くしで丁寧にとかしてもらいました。

そして束ねてもらった髪をはじめに優くんが切ったあと、家族が次々とハサミを入れていきました。
最後に優くんは美容師に短く整えてもらい、笑顔を見せていました。

優くんは、病気の治療などで髪の毛を失った人たちに自分の髪を役立ててもらうヘアドネーションに母親の映美さんが取り組んでいたことから、髪を伸ばしていたということで、切った髪の毛は医療用のウィッグに加工され、困っている人たちに提供されます。

優くんは「ヘアドネーションをより多くの人に知ってもらい、たくさんのウイッグを渡したいです」と話していました。
母親の映美さんは「息子の髪にハサミを入れるときには、感極まって涙が出てしまいました。息子がみずから取り組んだヘアドネーションは、優しく成長していることを実感できるよい機会でした」と話していました。