宮崎市長選 新人で医師の清山知憲氏 初当選

現職に新人3人が挑んだ宮崎市長選挙は、新人で医師の清山知憲氏が初めての当選を果たしました。

宮崎市長選挙の結果です。

▽清山知憲、無所属・新。当選。5万6943票。
▽戸敷正、無所属・現。4万2929票。
▽斉藤了介、無所属・新。2万6302票。
▽大村嘉一郎、無所属・新。1359票。

新人の清山氏が、4期目を目指した現職の戸敷氏らを破って、初めての当選を果たしました。

清山氏は40歳。

医師で、宮崎県議会議員を経て4年前の宮崎市長選挙にも立候補しました。

選挙戦で、清山氏は、新型コロナの感染対策で市民に負担を強いる立場として、2年間、市長の給与を30%カットすることや、市の職員が新しい取り組みに積極的に挑戦できるような組織改革を進めることなどを訴えました。

清山氏は、「40歳という年齢ではあるが、みなさんの声に耳を傾けながらこれから明るく前向きな街づくりを始めていきたい。新型コロナウイルスの対策にもしっかりと臨んでいきたい」と述べました。

今回の選挙の投票率は、38.76%で、前回・4年前の選挙に比べて3.45ポイント低くなりました。
清山氏は、「およそ40万人の宮崎市民のために仕事をしていく責任の重さを痛感している。40歳という年齢ではあるが、みなさんの声に耳を傾けながらこれから明るく前向きな街づくりを始めていきたい。また、新型コロナウイルスの対策にもしっかりと臨んでいきたい」と話しました。