池袋 82歳男性殺害 容疑者「路上で知り合いホテルに行った」

東京・池袋のホテルで82歳の男性が刃物で刺されて殺害されているのが見つかった事件で、殺人の疑いで逮捕された24歳の容疑者が「近くの路上で男性と知り合いホテルに行った」などと供述していることが分かりました。警視庁は防犯カメラの映像を分析するなどして事件前後の容疑者の行動をさらに調べています。

21日の夜、東京・豊島区池袋のホテルの部屋で、82歳の男性が胸や足を刺されて殺害されているのが見つかり、警視庁は現場から立ち去った職業不詳の藤井※遙容疑者(24)を22日の朝、八王子市内で確保して殺人の疑いで逮捕しました。

警視庁によりますと容疑を認めているということです。

これまでの捜査で、藤井容疑者は男性と一緒にホテルに入ったあと、およそ1時間後に1人で部屋から出たことが分かっていますが、その後の調べに対して「男性とは当日に近くの路上で知り合い、ホテルに行った」などと供述していることが捜査関係者への取材で分かりました。

関係者によりますと容疑者は1、2か月ほど前から池袋駅前の路上に立って近くを通る男性に声をかけていたということです。

※遙は点が1つの字体

NHKが入手した防犯カメラの映像には、事件当日、藤井容疑者とみられる人物が高齢の男性に近づいて会話をしている様子が写っていました。

男性が発見された時、財布に現金が入っていなかったということです。

警視庁は事件前後の容疑者の行動などをさらに調べています。