ブラジル「リオのカーニバル」延期 新型コロナ感染急拡大で

南米のブラジルでは、一日に確認される新型コロナウイルスの感染者が10万人を大きく上回る日が続いています。感染の急拡大を受けて来月下旬にリオデジャネイロで始まる予定だった「リオのカーニバル」が4月下旬に延期されることになりました。

ブラジルの保健当局によりますと、21日新たに確認された感染者は16万6000人余りでした。

また感染者数の1週間の平均は11万人余りと、おととしウイルスの感染拡大が始まって以降で最も多くなっています。

感染者の急増を受けて、ブラジルのリオデジャネイロ市は21日来月下旬から始まる予定だった「リオのカーニバル」を4月下旬に延期すると発表しました。

リオデジャネイロ市のパエス市長は地元テレビの取材に対し、「4月下旬には感染が落ち着いていると見られることから、中止ではなく延期が適切と判断した」と話しています。

華麗な衣装と熱狂的な踊りで知られるリオのカーニバルには、毎年、世界中から数百万人の観光客が訪れます。

リオのカーニバルは去年、新型コロナウイルスの影響で史上初めて中止となり、ことしも地元の市民などが参加する街頭でのパレードについては感染を広げるおそれがあるとして、中止が決まっています。