震度5強観測 大分と宮崎の5市町 大雨警報などの基準引き下げ

今回の地震で震度5強の揺れを観測した大分県と宮崎県の市と町について、気象庁は強い揺れで地盤が緩み雨による土砂災害の危険性がふだんより高くなっているとして「大雨警報」と「大雨注意報」、それに県と気象台が共同で発表する「土砂災害警戒情報」の基準を通常の8割に引き下げました。

発表基準を引き下げるのは大分県の大分市、佐伯市、竹田市、宮崎県の延岡市と高千穂町です。

気象庁は、当分の間この基準で運用することにしていて、揺れが強かった地域では雨の降り方に十分注意し、大雨警報や土砂災害警戒情報が発表された場合には早めの避難など安全の確保を心がけてほしいとしています。