【交通影響】九州新幹線は通常運転 在来線は運休や遅れも

JR九州によりますと、地震の影響で九州新幹線は、熊本県の熊本駅と新八代駅の間で始発列車は徐行運転しましたが、安全の確認ができたため、午後7時15分現在、通常通り運転しているということです。

在来線特急

在来線の特急や観光列車は、一部の列車で始発から終日、運転を見合わせています。

運転を見合わせているのは、
博多と由布院・別府を結ぶ「ゆふいんの森」、
博多と大分・別府を結ぶ「ゆふ」、
熊本と別府を結ぶ「九州横断特急」、
熊本と宮地を結ぶ「あそ」、
熊本と別府を結ぶ「あそぼーい!」、
博多と由布院を結ぶ「或る列車」です。

また、始発から運転を見合わせているものの安全が確認されれば運転を再開するとしているのが
博多と大分を結ぶ「ソニック」と、
大分と宮崎空港を結ぶ「にちりん」、
延岡と宮崎空港を結ぶ「ひゅうが」です。

在来線

一方、特急列車以外の在来線では、始発から運転を見合わせているものの安全が確認されれば運転を再開するとしているのが久大本線の日田と大分の間、日豊本線の柳ヶ浦と高鍋の間、豊肥本線の肥後大津と大分の間です。

また、始発から本数を減らして運転しているのが日豊本線の高鍋と南宮崎の間です。

西鉄は運転再開

また、西鉄天神大牟田線は全線で始発から一時、運転を見合わせていましたが、現在は運転を再開しています。

広島県内のJRは徐行区間も

JR西日本によりますと地震の影響で広島県内では呉線と可部線、それに芸備線の一部の区間で、始発から徐行運転を行っているほか、一部区間では運転を見合わせています。