大分 宮崎震度5強 津波なし「今後1週間程度は地震に注意を」

22日午前1時ごろ、日向灘を震源とする地震があり、大分県と宮崎県で震度5強、熊本県と高知県で震度5弱の揺れを観測しました。この地震による津波はありませんでした。

気象庁によりますと、22日午前1時8分ごろ、日向灘を震源とするマグニチュード6.6の地震が発生しました。この地震で大分県の▽大分市と▽佐伯市▽竹田市、宮崎県の▽延岡市と▽高千穂町で震度5強の揺れを観測しました。

また、高知県宿毛市や熊本県の阿蘇市、産山村、高森町、大分県の臼杵市、由布市、宮崎県の都農町、椎葉村、美郷町で震度5弱の揺れを観測しました。

このほか震度4から1の揺れを西日本のほか東海、北陸、伊豆諸島にかけての広い範囲で観測しました。

一方、気象庁によりますと、この地震で強い揺れになったとみられる九州と四国、それに山口県の広い範囲の自治体で震度の情報が入らなくなっているということです。

震源の深さは45キロと推定されています。

未明の地震のあと、午前11時半までにこの地域で震度1以上の揺れが25回観測されています。

気象庁は「今後1週間程度は同じような揺れを伴う地震に注意してほしい。特に、今後2、3日程度は規模の大きな地震が起きることが多くある」と呼びかけています。

今回の地震の震源域は、南海トラフ巨大地震の想定震源域ですが、巨大地震との関連について検討する「南海トラフ沿いの地震に関する評価検討会」はマグニチュード6.8以上が観測された場合などに開催されることになっていて、今回の地震は対象外です。

各地で震度未入電の自治体

今回の地震で、九州と四国、それに山口県の広い範囲で、強い揺れになったとみられるものの、震度の情報が入らなくなっている自治体があります。

震度が入電されていないのは
【山口県】光市、周南市、上関町
【愛媛県】西条市、大洲市、伊予市、西予市、久万高原町、砥部町、鬼北町
【高知県】須崎市、仁淀川町、中土佐町、佐川町、越知町、檮原町、津野町、四万十町
【福岡県】八女市、東峰村、みやこ町、吉富町、築上町
【熊本県】玉名市、南関町、小国町
【大分県】別府市、中津市、津久見市
【宮崎県】宮崎市、都城市、日南市、小林市、三股町、綾町、木城町、門川町、日之影町、五ヶ瀬町です。

気象庁「今後1週間程度 最大震度5強程度の地震に注意」

今回の地震について、気象庁の束田進也 地震津波監視課長は午前3時10分から記者会見を開き「揺れの強かった地域では落石や崖崩れなどの危険性が高まっているので今後の地震活動や降雨の状況に注意が必要だ。今後、1週間程度は最大震度5強程度の地震に注意してほしい。特に、今後2、3日程度は規模の大きな地震が起きることが多くある」と呼びかけました。

また、今回の地震は、南海トラフの巨大地震が想定されている領域の中で起きていますが、これについては「南海トラフ地震との関係を調査するマグニチュードの基準に満たない地震だが、地震活動などについては気象庁で注意深く監視している」と説明しました。

大分での震度5強は2017年以来

気象庁によりますと、大分県内で震度5強を観測したのは2017年6月20日に豊後水道を震源とした地震で佐伯市で震度5強を観測して以来です。

また、宮崎県内で震度5強を観測したのは2016年4月16日の熊本地震で椎葉村、美郷町、高千穂町で震度5強を観測して以来です。

日向灘では過去大きな地震が繰り返し発生

日向灘は国が想定している南海トラフ巨大地震の震源域の西の端にあり、過去マグニチュード7クラスの大地震が繰り返し発生しています。

被害の出る地震の多くは陸側のプレートと海側のプレートの境界で発生していて、▽昭和43年(1968年)にはマグニチュード7.5の地震が発生し、四国で最大3メートルを超える津波が観測されました。

▽昭和59年(1984年)にはマグニチュード7.1の地震が▽平成8年(1996年)にはマグニチュード6.9の地震がそれぞれ発生しています。

また3年前の2019年5月、マグニチュード6.3の地震が起き宮崎市などで震度5弱の揺れを観測しました。

政府の地震調査推進本部はプレート境界で起きるマグニチュード7.6前後の地震が30年以内に起きる確率は10%程度だとしていて、もう一回り小さい、マグニチュード7.1前後の地震は30年以内に70%から80%の高い確率で起きると想定されています。

このほか、日向灘北部から豊後水道付近でも地震活動が活発です。