ウクライナめぐる米ロ外相会談 協議継続も主張は大きく隔たり

軍事的な緊張が続くウクライナ情勢をめぐり、アメリカのブリンケン国務長官とロシアのラブロフ外相による会談が行われ、協議を継続し再び外相会談を行う方向で合意しました。安全保障をめぐるロシアの要求に対してアメリカが来週、書面で回答することになりましたが、双方の主張は大きく隔たっていて、緊張緩和につながるのかは依然不透明です。

ウクライナの国境周辺に隣国のロシアがおよそ10万人とされる軍の部隊を展開し緊張が続く中、アメリカのブリンケン国務長官とロシアのラブロフ外相による会談が21日、スイスのジュネーブで行われました。
会談のあと、それぞれ開いた記者会見でラブロフ外相は「ロシアは、ウクライナの人々を脅したことは決してない」と主張し、侵攻する意図はないと、強調しました。

一方、ブリンケン長官は、ロシアがNATO=北大西洋条約機構をこれ以上拡大させないことを求めていることに対し「アメリカ側の考えとロシアの懸念に対する回答を書面で出す」として、アメリカが来週、書面で回答することを明らかにしました。

そして双方は協議を継続し、再び外相会談を行う方向で合意したとしています。

またブリンケン長官は「両首脳が会談することが有益で生産的だと証明されれば、それを行う用意は十分にある」として、外相会談などを経て、必要と判断されれば、バイデン大統領がプーチン大統領と会談する用意があると述べました。

ただ、ロシアがNATOを拡大させないことを求めていることについてアメリカは応じられないと繰り返し強調し、双方の主張は大きく隔たっていて、緊張緩和につながるのかは依然、不透明です。

米国務長官「外交的に解決する機会はある」

アメリカのブリンケン国務長官は21日、米ロ外相会談のあとABCテレビに出演し「バイデン大統領からは、潜在的な危機を解決するための外交と対話への道があるのか探るよう指示されていた。わたしは、少なくとも協議を継続し、外交的に解決する機会はあると思う」と述べ一定の成果があったという認識を示しました。