液化水素運ぶ世界初の日本の運搬船がオーストラリアに到着

燃やしても二酸化炭素を排出しない次世代のエネルギーとして期待される水素を液化して運ぶ世界初の運搬船が、日本からオーストラリアに到着しました。現地では石炭から水素を作り出す実証実験が進められており、運搬船は液化水素を積んで来月日本に戻る見通しです。

オーストラリア南東部ビクトリア州の港には、大手機械メーカー「川崎重工業」が世界で初めて建造した液化水素の運搬船「すいそ ふろんてぃあ」が到着し、21日に記念の式典が開かれました。

式典には日本とオーストラリアの政府や企業の関係者およそ160人が参加し、テイラー エネルギー・排出削減担当相が「オーストラリアは、日本というすばらしいパートナーと共に、新たなクリーンエネルギーの供給で世界をリードする」と期待を示しました。

現地では日本とオーストラリアの企業が連携して「褐炭」と呼ばれる石炭を燃やし、水素を取り出す実証実験を進めています。

取り出した水素はマイナス253度に冷やして液化すると体積が800分の1に縮小され、大量輸送が可能になるということで、2030年ごろの商用化を目指しています。

川崎重工業の現地法人の川副洋史メルボルン事務所長は「資源が豊富なオーストラリアで日本の技術を用いて新しいエネルギーを作り出し、世界の温暖化対策に貢献したい」と話していました。

液化水素を積んだ運搬船は、来月日本に戻る見通しです。