大相撲初場所14日目 横綱 照ノ富士に3敗の平幕 阿炎が挑戦

大相撲初場所は14日目、2敗で優勝争いのトップに立つ横綱・照ノ富士は3敗の平幕・阿炎の挑戦を受けます。照ノ富士と同じ2敗の御嶽海は宝富士との対戦です。

初場所は13日目の21日、2敗で並んでいた御嶽海と阿炎が対戦して御嶽海が勝ち、その後の結びの一番では同じ2敗の照ノ富士が関脇・隆の勝に勝ちました。

14日目の22日は、2敗の照ノ富士が3敗で追う阿炎の挑戦を受けます。

過去の対戦は先場所の1回です。

この時も2人で優勝を争う中、14日目に対戦し、照ノ富士が阿炎の突き押しに土俵際まで攻め込まれましたが、横綱がそこから反撃して押し倒しで勝って優勝を決めました。

照ノ富士は阿炎の突き押しにあわてず対応して組み合う展開に持ち込めばより優位となります。

一方の阿炎は、先場所、横綱を追い込んだ力強い突き押しで、まわしを与えずに攻め続ける中でチャンスを見つけたいところです。

同じく2敗で並ぶ御嶽海は宝富士との対戦です。

過去の対戦は9勝4敗で御嶽海に分がありますが、先場所は宝富士が勝っています。

御嶽海は先場所のように宝富士に組み止められないよう、鋭い出足と突き押しで勝負を決められるかがポイントです。

今場所9勝と好調の宝富士は得意の四つの形を作って、有利な相撲に持ち込みたいところです。