トンガ 津波で海に流された男性 泳いで27時間後に生還

大規模な海底火山の噴火が発生したトンガでは、津波に巻き込まれて海に流された57歳の男性がおよそ27時間かけて泳ぐなどして生還し、当時の状況を語りました。

トンガの首都があるトンガタプ島から、北におよそ7キロ離れたアタタ島に住む57歳の男性は、大規模な海底火山の噴火が発生した今月15日の夜、津波に巻き込まれて海に流されたということです。

この男性はロイター通信のインタビューに対し「津波に巻き込まれた時、海の中に沈んだり、浮上したりを繰り返した。9回目に海面に上がったとき、近くにあった丸太をつかんだ」と、波にのまれながらも必死に耐えた状況を語りました。

足が不自由で、腕の力だけが頼りだったということです。

このあと、泳ぐなどして、およそ27時間後の16日の夜、トンガタプ島にたどりついたということです。

男性は「海にいるときは、死と隣り合わせの状態だった。海岸にたどりついて、ようやく自分が生きていると実感できた」と語りました。

アタタ島の詳しい状況は明らかになっていませんが、ロイター通信は、津波によって島全体が大きな被害を受けたと伝えています。