「デジタルドル」米FRBが初の報告書

各国で中央銀行によるデジタル通貨構想の議論が活発になるなか、動向が注目されてきたアメリカのFRB=連邦準備制度理事会が「デジタルドル」に関する初めての報告書を公表しました。決済の利便性が上がるとする一方で、サイバー攻撃などのリスクも併記していて、慎重に検討していく姿勢をうかがわせています。

デジタル通貨は、民間企業が取り扱う仮想通貨などの暗号資産とは異なる中央銀行が発行するお金で、各国で研究や議論が活発になっていますが、アメリカのFRBは20日「デジタルドル」に関する初めての報告書を公表しました。

この中では「デジタルドル」を発行するメリットとして低コストの決済サービスが実現でき、所得の低い人たちも利用しやすくなるなどとしています。

また、ドルの世界における基軸通貨としての役割を維持する目的を掲げ、中国が実用化を計画する「デジタル人民元」に対抗する構えも示しています。

一方、課題としてサイバー攻撃や金融犯罪といったリスク、それに利用者のプライバシーの保護を挙げていて、実際に発行するかどうかは慎重に検討を進める姿勢をうかがわせています。

FRBは消費者や金融機関の意見も踏まえて検討していくとしていますが、ドルをめぐるデジタル戦略の行方は、円やユーロなどにも影響を及ぼしそうです。