天皇誕生日の一般参賀 ことしも見送り 感染拡大防止のため

来月23日の天皇誕生日の一般参賀は、新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、見送られることになりました。

皇居では、毎年、新年の1月2日と天皇誕生日に一般参賀が行われますが、宮内庁は、感染拡大の影響で、ことしの新年の一般参賀に続いて天皇誕生日の実施も見送ると発表しました。

これで天皇誕生日の一般参賀は、天皇陛下の即位後、3年続けて見送られることになります。

宮内庁は「寒い時期に多くの人たちが密集することなどの状況を考え、取りやめることにした」としています。