埼玉 男子中学生死亡 複数箇所を骨折「数日前けがして帰宅」

埼玉県白岡市の住宅で15歳の男子中学生が意識不明の状態で見つかり、その後死亡した事件で、生徒は上半身の複数箇所を骨折していたことが警察への取材でわかりました。
警察は死亡したいきさつをさらに調べています。

今月15日の午前5時前、埼玉県白岡市の住宅でこの家に住む中学3年の男子生徒(15)が意識不明の状態で見つかり、病院で手当てを受けていましたが18日、死亡しました。

これまでの調べで、男子生徒は頭に強い衝撃を受けたことで死亡した疑いがあることがわかっていて、警察は何者かに暴行を受けたとみて傷害致死の疑いで捜査しています。

その後の調べで、生徒の顔にはあざが残っていたほか、ろっ骨など上半身の複数箇所を骨折していたことが警察への取材で新たにわかりました。

病院に搬送される際、38歳の母親は駆けつけた救急隊員に対し「息子は数日前にけがをして帰ってきた」と説明していたということです。

警察は死亡したいきさつをさらに調べています。