【動画】観光の呼び物に「氷上のメリーゴーラウンド」の実験

北海道の南富良野町で冬の新たな観光の呼び物にしようと、湖の氷を円く切り抜き人を乗せて回転させる「アイスカルーセル」の実証実験が行われました。

「アイスカルーセル」は、冬に凍結する湖の氷をまるく切り抜き人を乗せて回転させる北欧フィンランドの冬の遊びで「氷上のメリーゴーラウンド」とも呼ばれています。

この「アイスカルーセル」を冬の新たな観光の呼び物にしようと、南富良野町や地元の観光協会などが19日、町内の「かなやま湖」で実証実験を行い、観光関係者や地元の高校生などおよそ30人が参加しました。

チェーンソーで湖から切り抜いた氷は直径およそ13メートル、厚さおよそ40センチで、人が足を使って回転させます。

まわる氷の円盤の上で参加者たちは、ゆっくりと変化する湖と山の景色を眺めたり、寝転んだりして思い思いに楽しんでいました。

参加した高校生は「カフェとして飲み物を楽しみながら景色を眺められたらいいと思います」と話していました。

南富良野まちづくり観光協会の小林茂雄事務局理事は「自分が止まっているのに景色が動く不思議な体験ができます。来年は1か月くらい楽しめるように企画したいです」と話していました。

観光協会などは、19日の実証実験の参加者にアンケートで感想やアイデアをたずね、今後の本格的な開催に向け参考にするということです。