「香港を取り戻せ」最初にスローガン提唱 元活動家の男性 出所

香港で3年前に繰り返された大規模な抗議活動で、多くの参加者が掲げた「香港を取り戻せ」というスローガンを最初に提唱した元活動家の男性が、19日に刑期を終えて出所しました。
男性を支持する人は今も多いと見られ、地元メディアは男性が出所したあとも警察の監視対象になると伝えています。

香港の独立を主張する団体の元幹部、梁天※キ氏は、6年前に起きた警察隊との衝突をめぐり暴動罪などに問われ、禁錮6年の判決を受け2018年から刑務所に収監されていました。

3年前に香港で大規模な抗議活動が繰り返された時には収監中でしたが、梁氏がかつて提唱した「香港を取り戻せ」というスローガンは、デモの参加者がたびたび掲げたことで知られています。

梁氏をめぐっては、刑期が短縮され、まもなく出所すると伝えられていたことから再び関心が高まっていましたが、梁氏は19日午前3時ごろ、刑務所を出たということです。

梁氏の団体はすでに解散し、ほかの主要なメンバーは海外に渡りましたが、スローガンはその後、国家の分裂をあおるなどとして香港国家安全維持法による取締りの対象となっています。

今も若者を中心に梁氏を支持する人は多いと見られ、地元メディアは、梁氏は出所したあとも警察の監視対象になると伝えています。

※キは、王へんに奇。