NY市場 ダウ一時600ドル超下落 原油価格上昇でインフレ懸念

18日のニューヨーク株式市場は原油価格の上昇を受けてインフレが続くことへの懸念が高まったことなどからダウ平均株価が一時、600ドルを超える大幅な値下がりとなりました。

アメリカの祝日のため前日が休場で先週末以来の取り引きとなった18日のニューヨーク株式市場は取り引き開始直後から売り注文が膨らみ、ダウ平均株価は一時、600ドルを超える大幅な値下がりとなりました。

終値は先週末と比べて543ドル34セント安い、3万5368ドル47セントでした。

ニューヨーク原油市場で国際的な原油の先物価格が一時、およそ7年3か月ぶりの高値まで上昇したことを受けてインフレが続くことへの懸念が高まっていることや、ニューヨーク債券市場でアメリカ国債が売られ、長期金利が1.8%台に上昇したことへの警戒感が広がっていることが背景にあります。IT関連銘柄の多いナスダックの株価指数も2.6%の大幅な下落となりました。

市場関係者は「この日、発表された大手金融機関の決算内容についてインフレと人手不足の影響で人件費が増加したという受け止めが出たことも売り注文につながった。市場の関心はインフレがいつまで続くのかに集まっている」と話しています。