男子中学生が死亡 顔にあざ 体に複数けがのあと 埼玉 白岡

今月15日、埼玉県白岡市の住宅でこの家に住む15歳の男子中学生が意識を失って倒れているのが見つかり、18日に搬送先の病院で死亡しました。顔にあざがあったほか、体にけがをしたあともあったということで、警察が死因などについて調べています。

警察によりますと、今月15日午前5時ごろ、白岡市の住宅で15歳の男子中学生が自分の部屋で意識を失って倒れているのを母親が見つけ消防に通報しました。

男子中学生は病院に運ばれ手当てを受けていましたが、18日午後、死亡しました。

警察によりますと、顔にあざがあったほか、体にはけがをしたあとが複数あったということです。

警察は死因や死亡したいきさつについて詳しく調べています。