立民 オミクロン株への対応強化を厚生労働相に要望

感染が拡大するオミクロン株への対応をめぐり、立憲民主党は、後藤厚生労働大臣に対し、入院が必要な患者をすぐに受け入れる体制の整備やオンライン診療の拡充などを求めました。

立憲民主党の長妻元厚生労働大臣らは18日、厚生労働省を訪れ、オミクロン株への対応の強化を求める要望書を後藤厚生労働大臣に手渡しました。

要望書では、去年の第5波の反省を踏まえ、自宅で療養中に亡くなる人が出ないよう、入院が必要な患者をすぐに受け入れる体制を整備することや、自宅療養者に対するオンライン診療を拡充し、診断の当日に経口薬を投与できるようにすること、それに感染症法の改正を先送りしないことなどを求めています。

長妻氏は記者団に対し、「後藤大臣は、自宅療養者への対応はきちんと前に進めていきたいと応じた。一方、感染症法の改正とオミクロン株対応の両立は労力的に難しいと話していたが、他の省庁から応援をもらってでもやるべきだ」と述べました。